安定した操作がしたい!ドローンのホバリングを上達させよう

更新

ドローン操作初心者の第一関門と言われる「ホバリング」。空中でドローンを静止させ、安定させるための操作です。今回は、ホバリングの基本から上達するためのコツ、ホバリングしやすいおすすめドローンをご紹介します。

ホバリング上達のための練習方法


ドローンを空中で安定した状態でキープさせる操作をホバリングと言います。ホバリングは、ドローン初心者の方が最初にぶつかるハードルの1つであると言われており、ドローンの飛行操作を安全に行うためにまず最初に練習しなければいけない操作です。

ホバリングは、例えばドローンが下の方向に移動した時に、元の位置に戻す時に行います。上下に限らず、前後左右にドローンを動かすことも可能です。

ホバリングの練習は、ドローンの位置を前後左右、上下に自由に動かせるように練習します。右に動かしたいときは、プロポを左に操作し、上に動かしたいときは下に操作します。動かしたい位置とは逆方向にプロポを動かすのがホバリング操作です。練習では、自分が動かしたい方向とプロポを操作する方向が逆になる操作に慣れるようにしましょう。

練習に使うドローンは、高性能なものではなく、ホビー用のドローンを使うのがオススメです。ホビー用ドローンは軽量なので中々安定しにくいので、練習でホビー用ドローンを上手にホバリングできるようになれば、他のドローンのホバリングがしやすく感じるはずです。

高性能なドローンは、機体維持性能が付いているのでホバリングも楽に行えるので、練習段階で高性能ドローンを使用するとあまり上達はしません。ホビー用ドローンなら室内でも練習できるので便利です。

ドローンをホバリングするときのコツ


ホバリングを上達させるために、まずは自分の目線の高さでドローンをホバリングさせましょう。目線の高さで行うことで、ドローンの動きを把握しやすくなります。

次に、ドローンを両手を伸ばした時の幅まで移動させましょう。焦ってプロポをガチャガチャと動かさず、ゆっくりと動かしてください。左右に安定して動かせるようになったら、前後移動も同様にゆっくりと行いましょう。

目線の高さ、左右と前後の動きが滑らかに行えるようになることがホバリング上達のコツです。ホバリングと一緒に、着陸の練習も行いましょう。慣れていないとドローンを着陸させる時に床に叩きつけるように操作してしまいます。

ゆっくりとプロポを動かして、下に向かってホバリングをしてそっと着陸させてください。手乗りサイズのホビー用ドローンなら、コントローラーを持たない方の手から離陸させ、手の上に着陸させるように練習してみましょう。

ドローンを直接床に着陸させると、叩きつけられることで本体に傷がつく可能性があるので、練習の時は手のひらや本の上などに着陸させてください。

ホバリングしやすいおすすめドローン


ホバリングの練習はホビー用のドローンがおすすめでしたが、空撮など外で実際に飛行させるならホバリングを安定して行える高性能ドローンがおすすめです。

DJI社が発売している「Phantom 4」は、ステレオビジョンポジショニングシステムにより、GPSが機能しなくても安定したホバリングが行えるようになっています。ホバリング中に強風などによる阻害があった場合でも、元の位置に自動で戻ってくれるので安心です。

繊細なコントローラー操作をしなくてもホバリングするため、空撮作業に集中できます。また、GPS情報に基づいて飛行禁止区域を感知すると飛行できないように制御できるようになっているので、規制を守ったドローン利用が可能です。ホビー用ドローンで十分なホバリング、飛行操作ができるようになったら、高性能ドローンを手に入れて実際に外で飛ばしてみましょう。

今回はドローンのホバリング操作の練習、おすすめドローンをご紹介しました。まずは手乗りサイズでリーズナブルなホビー用ドローンで室内で、上下、前後左右の動きが滑らかになるように練習を重ねましょう。腕前が上達して空撮にチャレンジする時は、安定したホバリングが行える高性能なドローンをゲットしてください。

  • この記事が気に入ったら いいね してね

    Drone Store(ドローンストアー)の最新情報をお届け!